消化器科

消化器科にて診療する領域には、おなかを中心に多くの臓器が含まれています。口から食道、胃、小腸、大腸まで、食べ物の通り道である消化管だけでなく、その消化管に関与する肝臓、膵臓、胆嚢なども消化器科の診療領域であります。
この消化器科領域には、良性疾患と悪性疾患、そして頻度の高い疾患からまれな疾患まで多種多様な病気があります。良性疾患としては、急性腸炎、胃、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、急性虫垂炎などが比較的多いですし、悪性疾患としては胃癌、大腸癌などがあります。治療技術の進歩に伴い、これらの癌は早期発見されれば、内視鏡下治療にてほぼ完治させることが可能であります。癌の早期発見、つまり、早期癌を見つけることはとても重要であります。しかしながら、早期癌では、ほとんど無症状であります。当院では、人間ドックなども含め、積極的に内視鏡検査などを行い早期癌の発見に努めていきます。

また、消化器科にて診療する病気の一般的な症状は下記の如くであります。これらの症状がありましたら、ご相談下さい。

腹痛、吐き気、嘔吐、食べ物のつかえ、胸焼け
食欲不振、腹部膨満、下痢、便秘、血便、黒色便 など

人間ドックについてはこちら