苦痛の少ない胃・大腸内視鏡検査

胃癌、大腸癌は症状がでた時にはかなり進行しています。症状がでない早期癌の状態で発見できれば、かなりの確率で癌を治す事ができます。癌を早期発見するためには定期的に胃内視鏡検査、大腸内視鏡検査を受けていただく事をお勧めいたします。当院では、内視鏡検査の際に、十分な鎮静を行い、なるべく苦痛が少ないように最大限配慮致します。
また、当院では、胃内視鏡検査と大腸内視鏡検査を同じ日に行うことができます。同様に、胃内視鏡検査と腹部超音波検査も同日に行うことが出来ます。

苦痛の少ない胃内視鏡検査

十分な鎮静

内視鏡が舌のつけ根、喉の奥に触れるため、不快感や吐き気を感じやすい検査です。当院では検査前に鎮静剤の注射を行い、ボーつとしたり、完全に眠った状態で内視鏡検査を行います。ファイバーの細い経鼻内視鏡を使用する場合もあります。


内視鏡専門医による検査

院長は消化器内視鏡専門医、さらにその上の資格である指導医を取得しており、内視鏡経験豊富で技術も優れております。また、消化器外科専門医、指導医も取得しており、内視鏡検査で見つかった病気の治療についての経験も豊富であります。

苦痛の少ない大腸内視鏡検査

十分な鎮静

個人差がありますが、大腸内視鏡検査は苦痛を伴う場合があります。なるべく苦痛がないよう、検査前に鎮静剤の注射を行い、ボーつとした状態で内視鏡検査を行います。

内視鏡専門医による検査

院長は消化器内視鏡専門医、指導医、そして、消化器外科専門医、指導医を取得しており、消化器内視鏡検査の経験が豊富で技術も優れております。

日帰り大腸内視鏡下大腸ポリープ切除術

当院では、大腸内視鏡下大腸ポリープ切除術を日帰りで行っております。大腸内視鏡検査中に偶然に見つかったポリープをその場で切除することが出来ます。もちろん、ポリープの大きさや形状によっては、改めての対処が必要な場合もあります。

内視鏡検査全般について

当院では、内視鏡検査の際、苦痛を少なくするため、十分な鎮静を行います。そのため、検査後30分〜1時間ほどリカバリー室にて休憩して頂く必要があります。検査結果は休憩後に説明を致します。その後、ご帰宅いただきますが、ご自分でお車の運転は出来ませんのでので、注意が必要です。内視鏡検査を受けられる方は、検査当日、公共機関(バス、タクシー、電車など)のご利用をおすすめ致します。

当日上部消化管内視鏡検査について
おへそより上のおなかの痛み、ひどい胸焼けなど腹部症状の強い方は、朝から絶食で来院されたら、当日に胃内視鏡検査、腹部超音波検査を行うことができます。